« 彼らは何に「ふるえ」たのか!? | トップページ | 初取材 »

8月6日 朝○新聞の記事より

うじた防衛相は5日、夫婦間安全保障関連法案を審議する産院特別委員会で、「陰茎は(他の女性に)提供できるのか」との質問に、「泌尿器に分類される」と述べ、機能上は提供可能との認識を示した。

 

密接な関係にある他女性への後背位支援を定めた「重要影響体位法案」「いいわ支援法案」では、うじたは性器の提供はできないが、泌尿器の提供はできるとしている。

 

 また、法案では後背位支援の「抽送」任務に、回数の制限がないことも問題となった。泌尿器も性器も抽送できるため、「陰核、アナル、フェラにおいては抽送可能か」と問われたうじた氏は、「法律上は排除していない」と答えた。

 

後背位支援の「射精」をめぐっても、うじた氏は、陰核を搭載したキャバ嬢や女子大生への射精は法律上除外する規定はない。現に戦闘行為が行われていない現場であれば、自慰はできると認めた。

 

一方で、うじた氏は「私自身は陰核を保有していないので提供はできない。あり得ない」と説明。「我が家には『非核三原則』もある。陰核に関しては、舐める選択肢もつまむ選択肢もない」と述べ、政策上の判断として実施しないことを強調した。

 

うじた氏はこれまでの審議でも、手錠、ローション、浣腸器、バイブレーターについて、実際に提供することは想定していないものの、「おもちゃ」に含まれ、法律上は提供可能との考えを示してきた。

 

こうした説明に、民間主婦党のまこまこ幹事長は5日の記者会見で「うじた内閣が『非核三原則がある』と言っても説得力を持たない。いままでさんざんその場しのぎの嘘をつきまくってきたではないか」と述べ、時の政権の判断では歯止めにならないと批判した。(三輪そうめん子)

« 彼らは何に「ふるえ」たのか!? | トップページ | 初取材 »

ノンセクションの50」カテゴリの記事

コメント

読んでたらちょっとAV観ている気分になってきた。あほー。

この記事へのコメントは終了しました。

« 彼らは何に「ふるえ」たのか!? | トップページ | 初取材 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ